美容皮膚科に通う【シワやたるみのリフトアップ】

女性

従来の皮膚科との違い

ウーマン

受けられる施術内容とは

昨今、街中では「美容皮膚科」を掲げる病院を目にするようになりました。しかし、実際のところ通常の皮膚科とは何が違うのか、美容整形を行うところなのか、料金は保険適用なのか、あまり深く知られてはいません。ではどういった場合に美容皮膚科を受診するのでしょうか。通常の皮膚科と同様、皮膚の病を治すための病院であることに間違いはありません。そこに更に美容分野が加わったのが美容皮膚科という事です。美容目的で受ける治療には健康保険が使えず、全額自費になる為、その点も通常の皮膚科とは異なります。それでは、具体的に美容分野とはどういった部分になるのでしょう。ニキビ治療を例に説明すると、通常の皮膚科ではニキビを治すところまでが治療ですが、美容皮膚科では治療後のニキビ跡を消したり、デコボコになってしまった肌を整えたりするところまでが治療という事になります。実際のところ、皮膚科領域の病気はニキビ以外でも治癒した後、見た目に跡が残ってしまう事が多くあるのです。肌、美容というキーワードであればエステサロンもありますが、美容皮膚科はあくまでも医療を提供します。医学的根拠のある治療、施術が受けられるのですから多少高額な料金を支払う事になっても安心です。美容皮膚科は、いわば美肌の専門家です。実際に受ける事ができる治療内容は多岐に渡ります。一番メジャーなのはやはりニキビ治療ではないでしょうか。先程例に挙げた通り、美容皮膚科ではニキビ治療後のニキビ跡まで綺麗にしてくれますし、更にニキビを繰り返さないよう根本から肌質を改善するための治療を提案してもらえます。通常の皮膚科でありがちなステロイドの外用薬の処方ではなく、徹底的に皮膚医学を研究した専門家だからこそ出来る、皮脂分泌の抑制やアクネ菌の光治療での殺菌などが受けられるのです。その他人気のある施術の一つが毛穴治療です。黒ずんだ毛穴、角栓が詰まった毛穴、開いてデコボコになってしまった毛穴など人それぞれ毛穴には様々な悩みがあります。その一つ一つに対応できます。他にはシミやシワの改善治療があります。光照射やレーザー治療など日々進化する美容業界では次々と新しい機械、治療方法が確立されています。エステサロンとの違いの一つとして、美容皮膚科ではこれらの治療に内服薬や外用薬を併用するべく処方がなされるという事です。医師しか施術が許可されていない機械が使える事もメリットです。皮膚科で治療が可能なのか分からない、エステサロンで十分な効果が得られるのか不安、そんな時は美容皮膚科を訪れてみると解決するかもしれません。